8月~9月公演 舞台「ワーニャ叔父さん」出演

wa-nyaシスカンパニー公演「ワーニャ叔父さん」

■2017年8月下旬~9月下旬
■新国立劇場 小劇場
■作:アントン・チェーホフ
■上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

一般前売開始日は7月上旬予定です。

<そのほか詳細は以下をご覧ください>
http://www.siscompany.com/vanya/

追加情報は随時更新いたしますので、今しばらくお待ちください。

公演中 舞台「昭和三部作・完結編『陥没』」出演

シアターコクーン・オンレパートリー+キューブ2017
昭和三部作・完結編『陥没』
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

kanbotsu

出演:井上芳雄、小池栄子、瀬戸康史、松岡茉優、山西惇、犬山イヌコ、山内圭哉、近藤公園、趣里、緒川たまき、山崎一、高橋惠子、生瀬勝久

東京公演:2017/2/4(土)~2/26(日) Bunkamuraシアターコクーン

大阪公演:2017/3/3(金)~3/6(月) 森ノ宮ピロティホール
チケット一般発売中!

企画・製作:Bunkamura、キューブ

昭和三部作の全作品に、山崎一は出演いたします。

 

<作品紹介>
『東京月光魔曲』(2009年上演)、『黴菌』(2010年上演)と、昭和のそれぞれの時代の東京をモチーフとした前2作から7年の時を経て、 2017年2月、第1回東京オリンピックを目前に控えた1963年頃の東京を舞台とした『陥没』が誕生する。
わずかな年月で敗戦から復活を遂げたこの国が、輝かしい成果を世界に示す晴れの舞台となった東京オリンピック。道路の拡張と舗装、さまざまな向上心、野心、情熱、欲望が、工事の音ともに東京に渦巻き、一方、その時代、その場所に居合わせながら、なぜか時流に乗り遅れた人々もいただろう。
この作品は、それでも捨て切れないオリンピックとの因縁に翻弄される人々の群像劇となる。
2020年には第2回東京オリンピック開催が決定している東京。
「あったかもしれないオリンピックの物語」を通して、昭和と東京、さらには、平成の東京オリンピックまでも照らし出すはずだ。

<チケット・公演詳細はこちら>
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/17_kera3.html

 

舞台「一人二役 殺したいほどジュテーム」出演

ご来場いただき、誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

hitori


「一人二役 殺したいほどジュテーム」

2016年10月7日(金)〜10(月・祝)
シアター1010
2016年10月22日(土)〜11月8日(火)
シアタークリエ

原作:ロベール・トマ 『DOUBLE JEU』
上演台本・演出:福島三郎

出演:大地真央、森公美子
山崎 一、おかやまはじめ、木津誠之、権藤昌弘、益岡 徹

 

*2016年10月13日(木) レクザムホール・大ホール(香川県県民ホール)
*2016年10月15日(日) 米子市公会堂
*2016年10月17日(月) 鳴門市文化会館
*2016年11月10日(木) 新川文化ホール(ミラージュホール)
*2016年11月16日(水) 奥州市文化会館Zホール
*2016年11月19日(土)~20日(日) 新歌舞伎座
*2016年11月23日(水・祝) 静岡市清水文化会館(マリナート)
*2016年11月26日(土) 郡山市民文化センター
*2016年11月29日(火) 福岡市民会館
*2016年12月1日(木) 越前市文化センター
*2016年12月3日(土)~4日(日) 中日劇場
*2016年12月7日(水) 北國新聞 赤羽ホール
*2016年12月9日(金)~11日(日) 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール

チケット・全国ツアー公演の詳細は、公式HPをご覧ください。
公式WEB http://www.tohostage.com/hitorifutayaku/

 

2017年初夏公開 映画「ケアニン~あなたでよかった~」出演

2017年初夏公開
映画「ケアニン~あなたでよかった~」 鈴木浩介監督
星川光彦役
 出演します。

ケアニンとは…
介護、看護、医療、リハビリなど、人の「ケア」に関わり、自らの仕事に誇りと愛情、情熱を持って働いている全ての人を総称した造語です。

新人介護福祉士が、郊外にある小規模多機能施設に勤めるなかで、施設に入所する方々や、共に働く仲間とのふれあいを通して、介護の仕事に本気で向き合い成長していく。
働くことの意味や、人と人、地域との繋がりの尊さを描く、笑って泣けて人生に前向きになれる心温まる作品です。

公式HPはこちら 2016.11リニューアル
http://www.care-movie.com/

詳細は随時更新いたします。

<JFN賞2016 企画部門 大賞>主演ラジオドラマ「ライターのつぶやき」

主演ラジオドラマ「ライターのつぶやき -河北新報の5年-」
JFN賞2016 企画部門 大賞を受賞しました。
共演者の皆様、スタッフの皆様に心より御祝い申し上げますと共に、
改めて感謝申し上げます。

3月6日(日)TOKYO FMをはじめJFN38局ネットで放送し、放送中からツイッターでリスナーから大きな反響が寄せられ、再放送が決定しました。
<再放送日時>
TOKYO FM: 2016年3月30日(水)20:00~20:55
Date fm: 2016年4月1日(金)21:00~21:55

東日本大震災から5年目を迎える、成人の日。
宮城県女川で新聞販売店を営む男のもとに、謎の少女が現れます。
少女は、男が無くしたと思っていたライターを手渡し、男にある「お願い」をするのでした。はたして少女の正体とは・・・。
「成人の日」に起きた、たった1日の奇跡のものがたりを、心に沁みるラジオドラマで描きます。

出 演 者:山崎一 大後寿々花 辻しのぶ 河北新報 阿部喜英 木村圭
ナレーター:石垣のりこ/Date fm(エフエム仙台)
企画制作:Date fm(エフエム仙台)、TOKYO FM